HOME新着情報お知らせ > 国のまん延防止等重点措置区域の指定の期間延長について

カテゴリ

国のまん延防止等重点措置区域の指定の期間延長について

 飲食店等への営業時間短縮要請【延長連絡】

 

岐阜県からの飲食店等への営業時間短縮要請の延長についてのお知らせ

*国のまん延防止等重点措置区域の指定延長に伴う変更連絡*

 

岐阜県が、令和3年5月7日に国の「まん延防止等重点措置地域」の対象地域に指定されたため、令和3年5月31日まで飲食店等への営業時間短縮を要請しているところですが、「まん延防止等重点措置区域」の対象地域の指定が令和3年6月20日まで延長されたことに伴い、営業時間短縮要請も延長されることとなりました。

詳細は確認中の部分もありますが、取り急ぎ概要を下記のとおりお知らせいたします。

 

【概要】

要請内容  飲食店等に対する営業時間の短縮要請

営業時間を5:00から20:00までに短縮【継続】

※協力金の支給にあたっては以下を要件とする

・終日、酒類の提供を行わないこと(店内持込含む)【継続】

・カラオケ設備の利用自粛【継続】

 

要請期間  令和3年6月1日(火)から令和3年6月20日(日)まで

 

協 力 金  一日当たり以下の金額とする。※全期間要請に応じた場合のみ

・1店舗あたり中小企業:3万円~10万円

・大企業:1日あたりの売上高の減少額×0.4

(上限20万円。中小企業も選択可)

その他

*措置区域内全ての飲食店等に対し、酒類の提供(酒類の店内持ち込み含む)を行わないよう要請

措置区域内の飲食店営業許可を持つ旅館、ホテル等に対し、宿泊客への酒類の提供(酒類の持ち込み含む)を行わないことを要請

*カラオケ設備を有する県内全ての店舗において、利用自粛を要請

・措置区域内の飲食を主とする業としている店舗  ・その他カラオケ設備を有する店舗

*行政による飲食店の見回り調査を強化し、上記の要請に応じない措置区域の店舗に対しては特措法に基づく命令、過料の手続きがありうることを前提に再要請

*飲食店における感染防止対策強化のため、アクリル板の設置など感染対策の徹底を要請するとともに、市町村と連携して見回り調査を実施することに加え、テーブルに設置するアクリル板購入等に対する「飛沫感染防止対策補助金」を創設《5月31日(月)より受付開始》など

 

※時短営業を実施する場合には、営業時間短縮状況が分かる書類の写しとして、営業時間を短縮等していることが第三者から見て明らかに分かるもの(例:時短又は休業期間を告知する自社ホームページの写しや店頭告知ポスターやチラシ)等が必要となると考えます。店舗入口・店内等に「張り紙(①実施期間②営業時間③店舗名等を記載)」を掲出し、その写真を記録として残しておいてください。

また、この機会に感染症拡大防止のための対策についてもお勧めいたします。中津川市・岐阜県による経費の補助制度もありますのでご活用ください。

 

※協力金申請手続き等については決まり次第岐阜県のホームページに掲載されますので、詳細についてはそちらをご確認ください。

※この通知を受け取った方すべてが協力金の支給対象となるわけではありません。対象要件など詳しくは下記のコールセンターへお問い合わせください。

 

 

【本件に関するお問合せ先】

・専用相談窓口(コールセンター)電話058-272-8192(9:00~17:00)

・中津川商工会議所 事務局 電話0573-65-2154

 


2021年5月28日 18:01