HOME新着情報ピックアップ > 岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について

カテゴリ

岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について

 

■申請受付期間 令和2年4月23日(木)~5月20日(水)※消印有効

■協力金支給 令和2年5月8日(金)から開始予定

 

■申請方法  郵送またはWEB※4/30からWEB申請可能。

詳細が決まり次第岐阜県庁のサイトにて案内。5/20水の23:59までに送信完了必要。

 

■郵送先  〒500-8570 岐阜県庁 新型コロナ拡大防止協力金受付係 宛 電話:058-272-1111

※切手を貼付の上、裏面には差出人の住所及び氏名を必ずご記載ください。

※紛失対策のためレターパック(370円・510円)や、簡易書留での郵送をお勧めします。

※レターパックの場合、封筒表に【協力金申請書類 在中】とご記入ください。

※送料は申請者側でご負担をお願いします。

 

■申請に必要な書類

 1 協力金申請書(様式1) ※法人にあっては「法人番号」必要。

※法人税・消費税などの確定申告書or総務省ネット検索or自社郵便着などで確認ください

 2 休業等を実施した施設の一覧(様式2)

3 誓約書(様式3) ※自筆で

 4 緊急事態措置以前から営業活動を行っていることがわかる書類

(次の(1)、(2)、(3)及び(4)の書類が全て必要。)

(1)営業活動を行っていることがわかる書類(写しで可)

(例)確定申告書(税務署の受付印または電子申告の受信通知のあるもの)

直近の経理帳簿(令和2年1月以降から4月17日までを含むもの)

※確定申告書では、緊急事態措置公表時点に営業活動を行っていたことがわからない場合は、直近の経理帳簿を添付するなど措置時点の営業実態がわかる資料を添付してください。設立後決算期や申告時期を迎えていない場合も同様です。

(2)申請する事業所ごとの外景(社名や店舗名入り)及び内景の写真

(3)業種に係る営業に必要な許可等を全て取得していることがわかる書類(写しで可)

(例)飲食店営業許可、酒類販売業免許 等

※対象施設の運営にあたり、法令等が求める営業に必要な許可等を取得していることがわかる書類等を提出してください。

(4)本人確認書類(写しで可)

本人確認のために、次の書類等を提出してください。

(法人)法人代表者の運転免許証、パスポート、保険証等の書類

(個人)運転免許証、パスポート、保険証等の書類

5 休業等の状況がわかる書類(写しで可)

(例)休業を告知するHP、店頭ポスター、チラシ、DM 等

※休業する事業所等の名称や状況(休業の期間、営業時間の変更)がわかるよう工夫してください。

※複数の施設が混在している場合、対象の施設部分が休業等を確実に実施していることがわかる書類を用意してください。

6 振込先口座と口座名義が分かる通帳等の写し※代表者の名前と同一の口座に限ります

 

 

■営業状況調査の実施

○確認者:市町村

○確認日時:4月18日以降の火・木・土・日曜日 各日13時・19時

○確認方法:繁華街等に所在する使用制限等の対象となっている施設の休業状況を目視確認(確認施設は固定しない)

 

 

【お問合せ先】

ご不明な点は下記の問合せ先で対応させていただきます 。

新型コロナウイルス感染症に関する「協力金」の専用相談窓口(コールセンター)

電話番号:058-278-2551

受付時間:8時30分~17時15分(土、日、祝日も開設しています。)

 

詳細は下記サイトよりご確認ください。

(岐阜県HP)

 

申請書類.pdf

 

 

 

 

 

 

 


2020年4月23日 12:06