HOME新着情報お知らせ > 【食品事業者の皆様へ】加工食品の原料原産地表示制度について

カテゴリ

【食品事業者の皆様へ】加工食品の原料原産地表示制度について

全ての加工食品に原料原産地表示が必要になります。

平成29年9月に食品表示法に基づく食品表示基準が改正・施工され、国内で作られたすべての加工食品に対して、原料原産地表示(重量割合上位1位の原材料)を行うことが義務付けられました。

 

本制度の経過措置期間は、2022年(令和4年3月)までとなっており、食品事業者はそれまでの間に、新たな原料原産地表示に切り替えをお願い致します。

 

詳しくは下記ホームページのリンクをご参照ください。

【新たな加工食品の原料原産地表示制度に関する情報】消費者庁HP

https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/quality/country_of_origin/index.html

【パンフレット】消費者庁HP

https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/quality/country_of_origin/pdf/country_of_origin_190517_0001.pdf

 


2019年11月15日 12:05