▼材 料(4人分)
【中津川産】恵那鶏 胸肉 2枚 約400g
【中津川産】トマト 中4コ
 玉ねぎ 半分
【中津川産】はしづめ農園レタス 1/4コ
【中津川産】あじめこしょう 青唐4本(無ければ一味)
 にんにく 1片
 スライスチーズ 4枚
 ご飯
 塩、コショウ、ケチャップ、しょうゆ、酒、出汁、
  カレー粉、卵、小麦粉、油

▼作り方
鶏胸肉は半分に切り(1人前100g程度)さらに、揚げやすい様に厚みを考え半分に切るか、切れ目を入れ薄く広げます。軽く塩コショウをし、小麦粉、玉子、パン粉を付けて揚げます。

トマトソースは、フライパンにつぶしたニンニクと、油大さじ1程度を入れ弱火で油にニンニクの香りを付けます。ニンニクがきつね色になったら取り出し、みじん切りにした玉ねぎを入れ、よく炒めます。
玉ねぎが、若干色づいてきたら、皮を湯むきし種を取り除いたトマトをざく切りにして投入し、みじん切りにしたあじめこしょうも入れます。あじめこしょうは、種付きだと相当辛いので、苦手な方は種を取り除きます。
もちろん量もお好みで調整して下さい。
さらに、生のあじめこしょうが手に入らない場合は、一味を使っても良いでしょう。

鰹出汁200cc(水と和風だしの素でも可)を入れ、ケチャップ大さじ2、塩小さじ半分、醤油大さじ1、酒大さじ2、カレー粉小さじ半分を入れて5分程度煮込みます。また、甘みが足りないと感じたら砂糖を足します。
但し、トマトの水分によって出汁の量を調整します。また、水分量が多いようでしたら、さらに煮込んで水分を飛ばします。

どんぶりにご飯を盛り、千切りにしたレタスを乗せ、食べやすい大きさに切ったチキンカツを乗せ、その上に溶けるタイプのスライスチーズを乗せ熱いトマトソースをかけて出来上がり。今回は彩りにパセリのみじん切りを散らしました。

▼作品のアピールポイント
カツ丼をトマトソースで頂く、ちょっと変わったカツ丼です。
淡白な鶏胸肉も、フライにすることでジューシーにさらに美味しく頂けます。
もも肉より合うと思います。また、チーズを乗せることで、コクと旨味をもう一味加えました。
隠し味のカレー風味が食欲をそそり、大人から子供まで大喜びの一品です。
喫茶店から定食屋さん居酒屋さん、もちろん家庭でも作れますし、味付けその他の工夫で、他店との差別化も可能です。新しい中津川名物「中津川カツ丼」になることの出来るポテンシャルは有ると思います。

▼総 評
恵那鶏を使ったトマトソースで頂く、ちょっと変わったかつ丼です。チーズを乗せることで、コクと旨みをもう一味付け加えました。隠し味のカレー風味が食欲をそそります。