ホーム商工会議所について > 2019年度事業計画

商工会議所について

2019年度事業計画

 

2019年度事業基本方針

自 2019年4月1日   至 2020年3月31日

 

1949年(昭和24年)10月14日に全国で268番目の商工会議所として産声を上げ、今年で創立70周年の記念すべき年を迎えます。これまで商工会議所を支えていただいた歴代の会頭をはじめ、役員・議員、会員の皆様には多岐にわたりご尽力を賜りました。敬意と感謝を申し上げます。

さて、世界では、2回目の米朝首脳会談の開催や米中貿易摩擦、英国のEU離脱に伴う英国内での政治不安など、日本経済への影響も懸念されるところであります。

国内経済は、依然として個人消費に力強さを欠くものの、引き続き緩やかな拡大傾向を続けています。しかし、慢性的な人手不足や、経営者の高齢化、後継者不足などによる事業の縮小、廃業など課題が山積しています。本年5月には、元号が平成から新元号に変わり、10月から消費税が10%に引き上げられます。私たちにとって、大きな転換期を迎える年になることが予測されます。商工会議所としても状況の変化に注視しながら、会員の皆さんに的確な情報を提供できる体制をとってまいります。

 

2027年までに目指す中津川商工会議所将来都市像

「未来を描きリニア効果を実現する商工会議所」

そのような中、昨年、今後10年の指針を定めた「中津川商工会議所ビジョン&第1期中期行動計画」を取りまとめました。

2027年に、リニア中央新幹線の開通により、中津川市と東京首都圏・名古屋圏との距離が一気に短縮され、この地域に大きなインパクトをもたらすことが予想されます。その中で中津川商工会議所は、リニア開通時のあるべき姿を定め、地域産業の中核としての商工会議所として、役職員・会員が一致団結し、来る2027年に向けて希望と魅力にあふれる事業を推進していきます。併せて、東美濃6市1町の人口45万人圏域を念頭に置いた事業活動を展開し、リニア岐阜県駅(仮称)を中心とした東美濃地域の中核的な役割を果たしてまいります。

 

第1期中期行動計画(2018年~2020年)

 

【企業支援】 ①経営発達支援計画に基づく企業支援の積極展開

②創業者に対する親身なサポート実施

③企業の継続発展を図るための後継者育成

④企業を支える人材(財)の確保と育成強化

⑤教育・子育て支援に関する行政への積極的な意見提言活動

 

【広域連携】 ①東美濃6市1町や、下呂・木曽地域などとの広域連携の強化

②観光資源開発と誘客促進

③他地域との差別化を図るための中津川ブランディング戦略の展開

 

【地域振興】 ①中心市街地活性化の推進と商店街活動への支援

②地域の伝統行事・まつりの保存育成・支援

③郷土の生んだ偉人の功績の顕彰と後世への伝承

 

【組織力強化】 ①会員の拡大と組織力の向上

②部会・委員会活動の活性化

③財政基盤を支える収益事業の積極的推進

④会員企業からの情報収集と情報発信の強化

⑤職員の能力向上

 

以上を実現するために、【企業支援】【広域連携】【地域振興】【組織力強化】の4つキーワードに沿った行動計画の下、本年度も着実な事業活動を行ってまいります。

 

 

【2019年度スローガン】

「さらなる飛躍・絶えざる進化への挑戦」

 

2019年度 重 点 事 業

 

1.「未来に向け、躍進する企業づくり」

  • イノベーションの推進
  • 国際感覚を養い、海外ビジネス展開への支援
  • 多様な人材の確保・定着と育成支援
  • 次世代産業の人材育成
  • 事業承継支援

 

2.「リニア岐阜県駅を活用した東美濃地域連携によるまちづくり」

  • 広域交通網整備の推進のための三河地域との連係と情報と輸送の新システムの提案
  • ツーリズム東美濃協議会・東美濃歴史街道協議会との連携による地域資源の磨き上げ
  • インバウンドの対応や近未来を見据えた買い物環境づくり

 

3.「リニア時代にふさわしい地域を磨き上げるまちづくり」

  • 中津川市でのリニアを活用した街づくりへの政策提言
  • リニア岐阜県駅周辺の観光地化、誘客の推進
  • 魅力ある中心市街地と中津川駅前を一体的発展に向けたまちづくり

 

4.「会員に親しまれ、頼られる商工会議所づくり」

  • 創立70周年を記念し、新たな飛躍となる事業の推進
  • 会員事業の活性化につながる部会、委員会の見直しと活動の強化
  • 会員増員、確保(目標1,800正会員)への取り組み

 

2019年度の事業にあたり、70周年を節目ととらえ、「さらなる飛躍・絶えざる進化への挑戦」をスローガンに掲げ、第1期中期行動計画の実現に向け、行政とも連携しながら、リニアにふさわしいまちづくり・地域づくりに役職員・会員が一丸となって諸事業に取り組んでまいります。